ソアーズ オート サービスの作業報告

Work report of SOARS AUTO SERVICE

TW200 納車整備②

明日からまた天気が悪くなりそうなので本日中にハンドル周りの取り替えを終えています。エアクリーナーも当社に在庫していた物を取り付け、雨が直接掛からないようにカバーの取り付けを行っています。それと破れていたブーツですが、単に取り外すだけでは駄目なので今回は破れた箇所を繋ぎ合せて水が入らないようにしています。最後に折れていたナンバーステーですが、元と同じ位置に来るようにステーを作り直してナンバーを取り付...

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.10.05.
ichiran16.png ⇒ TW200 納車整備② ▼ TW200 納車整備②

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.10.03.
ichiran16.png ⇒ TW200 納車整備 ▼ TW200 納車整備

 

TW200 納車整備②

TW200 納車整備②

明日からまた天気が悪くなりそうなので本日中に

005_2017100519422052d.jpg

ハンドル周りの取り替えを終えています。
エアクリーナーも

003_201710051942179c2.jpg

当社に在庫していた物を取り付け、雨が直接掛からないように

004_20171005194220bfd.jpg

カバーの取り付けを行っています。
それと破れていたブーツですが、単に取り外すだけでは駄目なので今回は

006_201710051942236e7.jpg

破れた箇所を繋ぎ合せて水が入らないようにしています。
最後に折れていたナンバーステーですが、

014_20171005194201c8f.jpg

元と同じ位置に来るようにステーを作り直してナンバーを取り付けています。
エンジンオイルなどの交換も終え、納車整備が完了しましたので週末には納車出来ます。
Guide
 
 

TW200 納車整備

TW200 納車整備

オークション会場から届いた時が

010_20171003210910d53.jpg

画像の状態で、

012_20171003210912918.jpg

011_201710032109125eb.jpg

前後ともホイールの錆が目立つのでお客様の希望もあり

014_20171003210915b7b.jpg

015_201710032109151fb.jpg

黒色に塗装しています。
本来なら取り外して塗るのですが、今回は予算の兼ね合いもありマスキングのみで塗装を行っています。
逆からの画像を見ても分かる通り

016_2017100321093696d.jpg

極力他に付かないように塗っています。
それと色が剥げていたエンジンも

020_20171003210941e1b.jpg

パッと見た目には分からない程度には塗っています。
これで

019_20171003210938ee4.jpg

塗装は終わりましたので、明日からハンドル周りの作業に入ります。
Guide
 
 

ベンツV350 エンジン②

ベンツV350 エンジン②

水害の影響が疑われたヒューズやリレーは

001_20171003201512ec9.jpg

まったく問題ないので、本日から

002_201710032015153ee.jpg

エンジン本体の確認に入っています。
まずプラグを外して1番から6番まで

009_20171003201518638.jpg

シリンダー内に水が入っていないかを確認していますが、

003_201710032015164f1.jpg

プラグホールからピストンヘッドを見る限り問題無さそうです。
※画像はピストンが上死点近くで止まっている1番シリンダーです。
しかしクランクプーリがまったく回らないので、シリンダー内の錆を再確認してみると

008_2017100320151818f.jpg

3番シリンダーのピストンも上死点近くにあるのに気が付きました。
※V6エンジンの場合1番シリンダー(右バンク前)のピストンが上死点にある時、3番シリンダー(右バンク奥)のピストンは下がっているはずなのに1番と同じ上死点近くになっています。
これから考えられるのはコンロッドの破損です。

ちなみに同じ日に水を被ったプリウスもコンロッドが折れてブロックを突き抜けた事例があります。
※シリンダー内に液体が入っていて圧縮工程に入った場合コンロッドが曲がる事があります。
おそらくプリウスと同じく走行中にエアクリーナーから水が入り、その瞬間コンロッドが曲がりエンジンがストールしたと思われます。
その後エンジン内部の水が無くなり再始動出来た時に完全に破断したと考えられます。
※プリウスの場合も再始動後に異音を伴っていました。
Guide
 
 

FD3S オイル漏れ修理①

FD3S オイル漏れ修理①

オイル漏れで入庫していたFDですが、遅くなりましたが2柱リフトがようやく空きましたので

017_20171002214828a93.jpg

本日から作業に入っています。
まずオイルが漏れていた箇所はやはり

018_20171002214830d45.jpg

フロントカバーのオイルシールからでした。
しかしオイルシールからだと漏れて来る量が多すぎると思っていましたが、

019_20171002214830dfd.jpg

シール本体がカバーから外れていました。
それと「他もついでに点検して下さい」と言われていたので確認してみると

020_20171002214834ebb.jpg

ウォーターポンプからかなり大きな異音が出ていました。
なので上記の2点に関してはすでに部品の発注を終えています。
交換を希望されていたラジエーターに関しては見積もりを出していますので後日連絡します。
Guide
 
 

グロリア リアブレーキ

グロリア リアブレーキ

オイル漏れを起こしていたリアブレーキのパーツが手に入りましたので

008_20171001191022fd8.jpg

リフトに上げて作業に入っています。
前回作業を行った7月以来再度確認しましたが、

010_20171001191024397.jpg

右は問題ありませんが、やはり

011_20171001191027773.jpg

左のブレーキシリンダーからは漏れていました。
分解して再度

014_20171001191027f8d.jpg

確認していますが、パッキンの交換のみで対応出来そうなので

015_2017100119105113d.jpg

シリンダーのO/Hを行い左右共

016_2017100119105274d.jpg

交換を終えています。
それと燃料タンクの変わりに

009_20171001191024ec7.jpg

携行缶を使用していたためスペアタイヤハウス内に

001_20171001191054b20.jpg

ガソリンが溜まり、溶けたアンダーコートが

003_20171001191057325.jpg

スペアタイヤに付いて取り外すのに苦労しました。
これに関しては

004_2017100119111606e.jpg

清掃を行い元に戻しています。
最後に燃料タンクも詰まりが無い状態にはなりましたので

002_2017100119105522c.jpg

車両に仮組みしてテストを行っています。
その際に錆が酷かったセンダーゲージは修理を行い取り付けていますので

011_201710011925049bc.jpg

今のところ正常に動作していると思います。
Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

Matsumoto

Author:Matsumoto
SINCE 1991

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索