FD3S エンジン不調⑧

FD3S エンジン不調⑧

エンジンの始動を確認してから

003_20151203201557dc8.jpg

何点か問題が発生しています。
まずエア抜きの最中に気が付いたのですが、

011_2015120320165532f.jpg

ラジエーターのアッパーホースとラジエーターのドレンボルトから冷却水が漏れていました。
ホースは増し締めなどを行ってみましたが駄目だったので、ドレンボルトのパッキン共に新品に交換します。

次にこれもエア抜き最中に症状が出たのですが、暖気後になるとエンジンがストールします。
初めはある程度時間が経ってから止まっていましたが、2日目以降は始動後数秒で止まってしまいます。
最悪な場合はエンジンが始動できなくなるので現在この原因を探しています。
おそらくエンジンブローの原因もこの辺りが影響していると思われます。
まず初めに疑ったのは元々

004_201512032015572fb.jpg

プレッシャーレギュレーターが付いていたので燃料ポンプが社外品に交換されて燃圧が高くなっているのかと思い

006_20151203201600c60.jpg

燃料ポンプを外して部品番号を見てみると

005_2015120320160000f.jpg

純正品でした。
次に電装系にトラブルがあるのかと思いテスターを繋いでみましたが、

014_20151203201658c7f.jpg

エラーコードはありませんでした。
プラグを外してみると

015_20151203201658527.jpg

まったく汚れていなかったので(※点火は確認しています)燃料が来てないのかと思い

019_201512032017013ac.jpg

燃圧計を繋いでみるとまさかの0barでした。
正確には0.2bar出ていますが、基準値は大気圧で2.55kgf/cm2(2.5bar)必要です。
原因はおそらく燃料ポンプだと思いますので、明日同じ物と付け替えてテストしてみます。
最後に今までエンジンオイルは持ち込みされたモービル1を使用していましたが、今回からは比較的にリーズナブルで

001_20151203201555917.jpg

ロータリーと相性の良い76 Lubricants GUARDOL ECT 15W-40を使用します。
ガードルと言えばQTLでは?と思いますが、ECTはQTLのマイナーチェンジ品なのでご安心ください。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索