117クーペ 点検

117クーペ 点検

5月末に片道800kmの距離を走るのを考慮して点検整備を行っている

008_20150430202842411.jpg

117クーペですが、下回りを確認中に気になったところをアップしておきます。
まずオイル漏れ関係ですが、

003_20150430202811fdc.jpg

画像では分かり難いですが、光っている部分がオートマオイルで濡れている箇所です。
初めはオイルパンガスケットからかと思いましたが、おそらく

004_201504302028123ec.jpg

スピードメーターケーブルの取り付け部位や

005_20150430202814e45.jpg

セレクターレバーのオイルシールからだと思います。
それと右リアのバックプレートが

006_20150430202839fa0.jpg

オイルで濡れていたのでドラムカバーを外して確認してみると

022_2015043020294026c.jpg

デフのサイドシールからデフオイルが漏れていました。
一部がブレーキシューについてスリップした形跡がありましたので早めの交換をお勧めします。
それと最近交換した形跡があるピストンカップも

023_20150430202942789.jpg

ダストシール破れなどがありました。
次にオートマオイル交換ですが、ドレンボルトから抜いた場合だと

009_20150430202843812.jpg

2Lも抜けないので、今回は抜いて入れるを3回繰り返しています。
最後は

011_2015043020293765f.jpg

クリヤーなATFが抜けていますので7割程度は交換は出来ていると思います。
本来ならばオートマのオイルパンを外してスラッジを掃除するついでにフィルターの交換を行った方が良いかと思いますが、それは先のシールを交換する際にでも行えば良いかと思います。
交換を終えた後念のためライン圧などを測定していますが、

010_201504302028452e9.jpg

画像の時の説明すると基準値が4.0km/cm2~5.0kg/cm2なので完全に正常値です。
書くと長くなりますのでこれについては納車時にマニュアルを添えて説明します。
最後に水周りですが、サブタンクの冷却水が

007_20150430202840a76.jpg

少し減っていましたので冷間時に規定値まで補充していますが、暖気後だと

014_20150430202938f28.jpg

画像の状態まで増えています。
なので暖気後に確認する際は画像の状態を参考にしてください。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索