RX3 下回り完了

RX3 下回り完了

昨日亀裂の修理を依頼していた

001_20141224210829781.jpg

マフラーが戻って来たので今日から取り付けに入っています。
近い内にフロントパイプからリアマフラーまでを交換すると聞いていましたので、

002_20141224210831fda.jpg

今回は排ガスが漏れない程度の修理に止めています。
それと元々付いていた12Aの加工されたエキマニガスケットとFDのガスケットを比べてみると

003_201412242108329bc.jpg

ポートの穴の位置が合わないためFDの物を使用するのは諦めました。
しかし他の12Aの加工されたガスケットは

005_201412242108356bd.jpg

汎用品のマフラーガスケットに交換しています。
そのマフラーですが、車高を上げた分ホーシングが下がったので

004_201412242108330b9.jpg

リフトに上げた状態ではマフラーがホーシングに干渉しています。
しかしリフトから下ろすと

026_2014122421093556b.jpg

画像の程度の隙間は確保出来ています。
試乗の際には干渉しませんでしたが、隙間が狭いため絶対に当たらないとは限りません。
次にホイールですが、PCD100を110に加工した物なので、普通に取り付けると

007_20141224210849876.jpg

センターが合いません。
ハブの錆を落としてハブ径を測ってみると

008_20141224210850bae.jpg

60mmでした。
このスピードスターMk-Ⅱのハブ径は68mmなのでハブリングなどの取り付けをお勧めします。
それと7mmのスペーサーを入れていたため取り付けボルトが3山程しか掛かっていませんでした。
そのため

010_20141224210852d29.jpg

その3山が痛んでいました。
痛みが目立つのは

011_20141224210854bff.jpg

画像の3箇所で問題が無い1箇所には印を付けています。
今回駄目になったボルトの変わりに

006_2014122421084737f.jpg

グリフォンホイールロックボルトを取り寄せています。
※このロックボルトを印の箇所に使用するようにお勧めします。
少しでもボルトが刺さるようにとスペーサーを外してホイールを取り付けて分かったのですが、

013_20141224210918d3f.jpg

タイロッドエンド部分が右に比べ

012_20141224210916ab6.jpg

左側にはまったく余裕がありません。
斜め下から見ると良く分かると思いますが、

014_20141224210919889.jpg

1mm程度のクリアランスしかありません。
本来ならばこの隙間が広くなったり狭くなったりはしないはずですが、ハンドルを右一杯に切った時にだけ何故かこの隙間が無くなりナットの部分がホイールに干渉します。
なので付けたくはありませんがスペーサーを使用するしかなさそうです。
次に「バンパーから飛び出ているマフラーを切ってください」と言っていた件ですが、

017_20141224210921080.jpg

画像の状態にしています。
これだとバンパーから出ていないので不正改造で止められる事もないと思います。
最後にエンジン調整ですが、

018_201412242109222e8.jpg

キャブバランスなどの調整後に排ガステストを

021_20141224210933500.jpg

行いCO及びHCも基準値内に入っている事を確認しています。
しかし試乗したところ1500rpm以下の時にハンチングを起こす事があるのでもう少し調整をやってみます。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索