修理が必要となる箇所

修理が必要となる箇所

ユーザー車検に向けて整備が必要な箇所を記載しておきますのでご確認ください。
まず切断加工されている

015_20140422104827ce3.jpg

マフラーは溶接等で完全に塞ぐ必要があります。
それと

017_20140422105818c10.jpg

ガスケットが吹き抜けているのでここも修理が必要です。
次に

020_2014042211031158e.jpg

右のロアボールジョイントは辛うじて車検には通るレベルですが、

019_20140422110309f3f.jpg

左は完全に切れているので交換が必要です。
それとこの箇所は交換に手間が掛かるケースが多いのと部品の入手が困難な場合があるので注意が必要です。
次はアメ車に多いオイル漏れですが、

021_2014042211114257f.jpg

オイルフィルター辺りと

018_201404221058205e9.jpg

パワステポンプからのがかなり目立ちます。
次の箇所はかなりショックを受けるとは思いますが、

016_20140422104828857.jpg

運転席側のフロアーパネルが錆で抜け落ちかかっています。
最後に気にされていたホイールのサイズを記載しておきます。

024_20140422104956e16.jpg

前後とも22インチの9.5JJで

023_201404221049556b6.jpg

意外とオフセットは前後とも+20でした。
これだと一般的な+25を入れてもフェンダーに収まるとは思えませんので、予定通りオーバーフェンダーで対応するのが一番だと思います。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索