噴射ポンプタイマー修理

噴射ポンプタイマー修理

本来ならAss'y交換になる噴射ポンプタイマーですが、

IMG_4575.jpg

お客様が言われていた分解修理をやってみましたのでご報告します。
まず一通り分解してみて

IMG_4580.jpg

IMG_4581.jpg

清掃後に確認してみると

IMG_4583.jpg

シャフトに擦れたような跡があり、もちろんケース側にも

IMG_4582.jpg

ヘアライン状の傷がありました。
特に気になるのが

IMG_4584.jpg

反対側の段差です。
ダメもとで

IMG_4585.jpg

汎用品の耐油性Oリングを使用して

IMG_4586.jpg

元通りに組み直してテストしてみたところ

IMG_4587.jpg

奇跡的に燃料漏れは止まっています。
Oリングが当たる部位に傷が無かったのが幸いだったようです。
しかし楽観は出来ないので数日間様子を見てみます。
最後に例の右リアタイヤですが、エアが漏れてる箇所が特定出来たので報告しておきます。

IMG_4574.jpg

画像にはまったく亀裂が写っていませんが、矢印の先が地面に接した時に大きな亀裂が出来そこからエアが漏れています。
逆に言うと地面に接していない状態では殆どエア漏れはしていません。
明日からアライメントの調整に入りますので、もう暫くお待ち下さい。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索