リアオイルシール交換

リアオイルシール交換

今朝見てもらった通りクラッチディスクは溝の深さが0.3mm以上無ければならないところが

画像 027

画像の通りまったく無い状態の上リベットが

画像 028

カバー側に傷を付けている状態でした。
ギリギリのところで

画像 031

フライホイール側には当たっていませんでしたがディスクのすべりによる焼けが見られます。
しかし表面の凹凸が最大で0.04mm以下なのでフライホイールは再使用します。

次に「部品が間に合うようであればリア側のクランクオイルシールを交換してください」との事でしたので

画像 030

フライホイールを外して確認して見るとシール部分からは滲んでいませんでしたが、液体パッキン部位から僅かながらにオイル滲みが確認出来たのでこのまま交換作業に入っています。
傷を付けないようにオイルシールケースを外して

画像 033

掃除をしている最中に気が付いたのですが、このオイルシールは過去に交換された形跡がありました。

画像 038

画像の矢印の先にマイナスドライバーで付けたと思われる傷があります。
丁度このころ部品が届いたのでクランクケース側も

画像 035

掃除をして

画像 042

リアクランクオイルシールの組み付けを終えています。

最後に右リアのタイヤの空気圧ですが、昨日と比べ10kPa低い240kPaでした。
おそらく1日に10kPa程度空気が抜けていると思われます。
交換用のタイヤは今調べていますのでもう暫くお待ちください。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索