FC2ブログ
 

セドリック エンジン調整

セドリック エンジン調整

3500回転以上吹け上がらない症状で入庫しているセドリックですが、先に

013_201811291726458c2.jpg

キャブのセッティングが狂ってないか確認しています。
油面の高さは

012_20181129172643de6.jpg

3つとも21mmで揃っていて特にキャブ側には問題があるようには思えないので、ポンプを始めとして燃料ラインの点検に入っています。
インジェクション用のポンプを取り外した後に

007_201811291725502e2.jpg

ガラス管のフィルターが付いていたので、確認していますが

008_20181129172552027.jpg

特に錆が混ざっているようには見えないのでタンク内の錆は大丈夫そうです。
次に

010_201811291725558a4.jpg

燃料ポンプの燃圧を計りましたが、0.3kg/cm2のような低圧は

011_20181129172556ec8.jpg

当社の燃圧計では計れないので、吐出量の方で確認をしています。
基準となる吐出量の1400cc/min辺りの量が出ていますのでポンプ自体も問題ないと思います。
元々燃圧が高いポンプに

009_20181129172553283.jpg

レギュレーターを繋いでいたようですが、現在レギュレーターとリターンは殺されています。
キャブを含め燃料系には異常があるようには思えないので昨日から点火系の点検に入っています。
今回CDIやフルトラ化を希望されていましたが、現在の仕様である程度普通に走れるのが前提となりますので、先に吹けない原因を探しています。
ポイントを確認すると

043_201811291726468d5.jpg

コンデンサ不良によると考えられるポイント面の荒れが見られました。
本来なら交換すべきですが、まずは

044_2018112917264899d.jpg

分解修正を行いテストを行っています。
この後細かな調整を繰り返し5500rpm辺りまで回転が上がるようにはなっています。
今まで付いていたジェットでも問題はないと思いますが、少しトルク感が無いのでノーマルのL20+40PHHで結果が出ている

005_20181129172548ed9.jpg

エアー#200、メイン#170を取り寄せてセッティングを煮詰めています。
ついでに元々ジェットブロックに工具による

006_20181129172550dab.jpg

僅かな段差があったのも修正しています。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索