FC2ブログ
 

Chevrolet 350 サンドブラスト処理

Chevrolet 350 サンドブラスト処理

補機類の塗装は完全に脱脂を行ったと思っても油脂が残っていて

002_20180626193654dd7.jpg

塗装にはじきが出て何回か塗り直す事になりましたが、先週の頭には

003_201806261936567d2.jpg

塗り終えて仮組みまで終えています。
しかし元通りに組んでも

014_20180626193715a6e.jpg

クランクプーリーとパワステポンプのプーリーがベルト半分ずれる事が分かり現在原因を調査中です。
インマニの

012_20180626193658019.jpg

サンドブラスト処理は当初ガラスビーズで行っていましたが、思ったより錆による変色があったので

017_201806261937174ca.jpg

ガーネットサンドを取り寄せて

019_20180626193718617.jpg

ブラスト処理を行っています。
しかしこのままでは見た目が

020_20180626193720ff7.jpg

コンクリートのようなので、少し磨いて

029_20180626193743c39.jpg

金属の質感を出しています。
バルブカバーは

021_20180626193721cf3.jpg

溝の部分のみ軽くブラスト処理を行い

026_20180626193739e6d.jpg

全体的に半ツヤの状態に

027_20180626193741a6b.jpg

磨いています。
しかしオイル?が流れたような跡は

023_2018062619373831d.jpg

磨いた程度では消えませんでした。
先週の内に今月予定されていた車検はすべて終わりましたので、今週はコブラを中心に作業を進めて行きます。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索