Chevrolet 350 エンジン塗装

Chevrolet 350 エンジン塗装

追加注文を掛けていた

024_2018061221451847e.jpg

ガスケットが届くまでの間に

003_201806122145211ad.jpg

段差があったカラーの

005_201806122145226bf.jpg

交換などを行っています。
タイミングチェーンカバーは以前無理やり取り外して曲げたのか

002_201806122145201dc.jpg

金槌で叩いた跡などがあり、平面に合わせると

001_201806122145180d5.jpg

隙間が見える状態でした。
交換も考えましたが、同じ物の入手は困難なので歪みの修正を行い

008_20180612214544e03.jpg

少し多めの液体パッキンを使用して取り付けています。
それとオイルパンも

018_201806122146278f4.jpg

ボルトの穴が締めすぎで盛り上がっていました。
それと画像でも分かる通り錆による腐食も多かったので

020_20180612214630cb7.jpg

かなり多めの液体パッキンを使用して取り付けています。
液体パッキンが乾いた後

021_2018061221463231c.jpg

脱脂を行い、マスキング作業に入りましたが

045_201806122146443f4.jpg

逆さにするとオイルが流れ出て来て塗装を犯す可能性があるので2日に掛けて塗装を行っています。
現在

046_20180612214646ce3.jpg

上半分を塗っていますので、これが乾燥次第逆さにして腰下の塗装に入る予定です。
そう言えばオイルパンに使われていたボルトを掃除していて気が付いたのですが、

019_2018061221462954f.jpg

色々な製造業者の識別記号がある事から考えても、かなりの数のエンジンを分解している業者がO/Hを行っているようです。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索