Chevrolet 350 コアプラグ取り替え

Chevrolet 350 コアプラグ取り替え

エンジン関係の部品が揃いましたので先週から作業に入っていますが、腐食が進んでいたコアプラグは

009_201805282109547bf.jpg

センターに穴を開けて抜く一般的なやり方が通用せず、スライドハンマーの先が入る程度の穴を開けて

008_20180528210952823.jpg

引き抜こうとやっていますが、腐食が進んでいる箇所に穴などが開きなかなか抜けませんでした。
一部は塗られていた塗膜を落とすと

012_20180528210957cad.jpg

すでに穴が開いている状態でした。
16時間掛けて

014_20180528211017684.jpg

ようやく抜く事が出来ましたが、一番状態が良いと思われていた箇所でも

010_2018052821095492b.jpg

画像の通りかなり腐食が進んでいました。
なのでブロック内部も

011_201805282109561c4.jpg

かなり錆ていてコアプラグを取り付ける前に清掃を行っています。
清掃後に

016_20180528211019acc.jpg

液体パッキンを薄く塗布してから

017_20180528211021bee.jpg

015_20180528211018d55.jpg

取り付けを終えています。
それとリアオイルシールを交換するために

018_20180528211022ba3.jpg

ベアリングキャップを外していますが、

019_20180528211045b9b.jpg

メタルの状態を見る限りO/Hされてから数万kmは走行されていると思います。
それと

020_20180528211046405.jpg

オイルパンなどは

022_20180528211048441.jpg

剥離材を使って

023_20180528211049e1b.jpg

塗膜を剥がしています。
オレンジ色を剥がしてみると

025_20180528211051239.jpg

地肌が出てきたのでエンジンと同じく純正カラーだったようです。
現在

026_20180528211105260.jpg

パーツ単体で塗膜を落とす作業を進めています。
これが終わったらすべてを組み付けて塗装を行う予定としています。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索