FC2ブログ
 

サバンナ アイドラアーム修理など

サバンナ アイドラアーム修理など

緊急を要する修理を行っている

001_201804122137438bd.jpg

SA22Cですが、センサーからの

005_2018041221373825d.jpg

冷却水漏れはパッキンかと思っていましたが、周りに塗られていた液体パッキンを除けて

007_20180412213740dcf.jpg

加圧テストをしてみると

006_20180412213740990.jpg

センサーにひび割れがありそこから漏れていました。
奇跡的に国内在庫が1個ありましたので、急ぎ

005_20180412213743be7.jpg

取り寄せて交換しています。
次にガタツキがある

002_20180412213809a4f.jpg

アイドラアームですが、取り外してブッシュを取り除いてみると

004_20180412213812c10.jpg

原型がない状態でした。
画像の左に写っている新品のブッシュを使用して

005_201804122138139fd.jpg

O/Hを終えています。
下回りの確認ついでにマフラーをみましたが、

003_20180412213810847.jpg

構造上加工を施しても触媒を取り付けるのは難しそうです。
しかしこのままでは次回車検時に困る事になるので何か対策を考えておきます。
次にヒーターホースですが、取り外した物を見ても分かる通り

006_201804122138151e3.jpg

いつ冷却水が漏れてもおかしくない状態でした。
交換の際に旧車の場合ホースバンドなどを

008_2018041221383958e.jpg

オリジナルに拘る方もいますが、今回は差込口に錆も見られたので

007_20180412213838a33.jpg

トライドンクランプを使用しています。
それとブローバイホースが

009_20180412213841acf.jpg

ボロボロになっていたので

019_20180412213913af5.jpg

シリコンホースに交換しています。
次に補機ベルトが

010_20180412213842e4d.jpg

異常に磨耗しているオルタネーターですが、原因の一つは本体のガタツキでした。
ガタツキは

015_201804122139094bc.jpg

0.3mmのシムを使用して止めています。
しかし手前側のプーリーが異常に磨耗しているので、右側が左に比べて

016_201804122139106d0.jpg

ベルトが埋没しています。
なので

014_20180412213844297.jpg

ベルトの刻印を合わせてからエンジンを始動してみると数秒間で

017_2018041221391254d.jpg

画像のようにズレが発生します。
最後に

023_20180412213932887.jpg

追加メーターの取り付けの件ですが、大森メーターのセンサーは

020_201804122139154b4.jpg

M16サイズなので、今付いている

022_2018041221393013b.jpg

アダプターが使えません。
なのでこれに関しては後日取り寄せておきます。
それとパネルの加工を考えていましたが、取り外してみると

024_20180412213933b9e.jpg

あまりにもお粗末な物だったので、これに関しては作り直しを考えています。
その際に必要となる固定用のステーは

021_20180412213929b4e.jpg

当社に在庫している物を使用します。
但しエアコンパネルの裏側が

025_20180412213934240.jpg

削られていて固定が出来ない状態なのでどうするか思案中です。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索