サバンナ 配線処理

サバンナ 配線処理

アメリカから取り寄せていたポイント式のデスビの

003_20170809194917937.jpg

取り付けに入っていますが、

004_201708091949193cf.jpg

ポイントから点火コイルに繋がる配線やカラー等が付いていないので、元の配線を使用しようかと考えましたが

001_201708091946329be.jpg

エンジンルーム側には黄/青の配線が出ていますが、室内側は

004_201708091946346a1.jpg

点火コイルから出ている黄/青の配線が途中から黒/緑の配線に繋ぎ変えられていました。
この車両の配線は基本的に

023_2017080919572560a.jpg

014_2017080919471697e.jpg

結んでいるだけの物なので手直しをしようと思いましたが、配線が

007_2017080919463540c.jpg

ダッシュパネルの裏に回っていて外せないので点火コイルからデスビ間は一から作り直す事にしました。
それと室内側の配線の整理を言われていたので

008_20170809194636d8e.jpg

ECUに繋がる配線をすべて引きずり出して

016_20170809194717d1e.jpg

配線図を見ながら配線の確認を始めていますが、

020_20170809194720db6.jpg

ECUから出ている配線の色がNA仕様のSA22C(78~85)の物には合いませんでした。
その上

017_20170809194718129.jpg

画像の通りECUが2基繋がっていて上は84以降のSA22Cの物と分かりましたが、ボンドで接着されていた

027_201708091947527dd.jpg

ECUを外し

026_2017080919475130e.jpg

確認作業に入りましたが、下のECUはおそらく85年のSA22Cターボの物だと思われます。
その上

022_20170809194749c4a.jpg

本来ならエアフロに繋がるカプラーの一部を短絡させていたりと

021_201708091947480c7.jpg

組んだ人しか分からない仕様になっていて完全にお手上げの状態です。
それでもやるしかないので巻かれていたビニールテープを

010_20170809194638dc2.jpg

除けた後

011_20170809194715f09.jpg

配線を一本ずつ確認しながら不要と思われる配線を

028_20170809194754c9d.jpg

取り除いています。
それにしてもメイン電源のハーネスの

029_20170809194814841.jpg

被覆が破れていたりと今までよくショートしなかった物だと思います。
現在SA22CのECUに繋がる配線と

031_2017080919481732e.jpg

リレーやセンサーなどの取り外しを終えています。
明日には車種不明のECUに繋がる配線の処理などを行う予定です。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索