ソアーズ オート サービスの作業報告

Work report of SOARS AUTO SERVICE
Matsumoto

プロフィール

SINCE 1991

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.10.18.
ichiran16.png ⇒ FD3S 連絡事項 ▼ FD3S 連絡事項

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.10.17.
ichiran16.png ⇒ FD3S 始動不可 ▼ FD3S 始動不可

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.10.17.
ichiran16.png ⇒ ムーブ 事故修理 ▼ ムーブ 事故修理

 

FD3S 連絡事項

FD3S 連絡事項

アルミホイールの件ですが、電話だと説明が難しいので画像を添えて説明します。
まず卓上計算だとノーマルのフェンダーから

・9J +35の場合フェンダーから2.5mm入る
・9J +30の場合フェンダーから2.5mm出る
・9.5J +30の場合フェンダーから7.5mm出る
※フロントの場合でリアの場合は1cm程度内に入ります。

になります。
ちなみに画像のFDを見てもらえれば

010_20171018145116c2f.jpg

011_20171018145136268.jpg

同一サイズのホイールの場合リア側がフロントに比べ少し内に入っているのが分かるかと思います。
なのでお客様が言われていた8.5Jの+22だとノーマルフェンダーの場合フロントが+0.5mm出てリアがそれに比べて僅かに内に入る計算になります。
しかしお客様の車両は

001_20140422151005d55_201710181451384f7.jpg

002_20140422151005deb_201710181451392f4.jpg

前後ともオーバーフェンダー仕様になっているのでその分(2cm)内に入ります。
※ちなみに前後とも画像のような感じにしたい場合はフロントが8.5Jの+18でリアが9.5Jの+18が必要になります。
これも参考ですが、9.5Jの+30をノーマルフェンダーのFDに組み付けるとフロントが

004_20171018145112482.jpg

005_20171018145112e43.jpg

上の画像でリア側が

007_201710181451156d7.jpg

006_20171018145114283.jpg

このような感じになります。
お客様のオーバーフェンダー仕様の場合だと画像のようにするには単純に+オフセットから20を引いた9.5Jの+10のホイールが必要になります。
※+30 - 20 =+10
スポンサーサイト
Guide
 
 

FD3S 始動不可

FD3S 始動不可

エンジンが始動出来ない件で入庫したFDですが、入庫当日の内に

001_2017101719242493a.jpg

スターターを取り外して点検を行っていますが、単体だと正常に動作するので雨が上がった本日

030_20171017192427742.jpg

配線周りの点検を行っています。
しかしスターターの方にキーを回すと正常にSTに電圧が掛かるので、その先にある

036_201710171924283cb.jpg

クラッチカットスイッチを確認してみました。
すると画像の箇所にあるはずのグロメットが

037_2017101719243014a.jpg

割れてフロアカーペットの上に落ちていました。
エンジンが始動出来なかったのはグロメットが外れてクラッチカットスイッチを押せなかったのが原因でした。
これの修理ついでにクラッチスイッチの状態があまり良くなかったので

029_201710171924252f7.jpg

念のために新品に交換しています。
Guide
 
 

FD3S ラジエーター取り替え

FD3S ラジエーター取り替え

当初トラスト製のアルミラジエーターを取り付ける予定でしたが、エンジンルーム内の温度がノーマルに比べ上がる事があるのと、取り付けに当たって一部加工が必要になるので、今回はコスパも含め

011_201710171922479eb.jpg

コーヨー製の真鍮2層タイプの物を

013_20171017192250c86.jpg

取り寄せて

014_201710171922520d8.jpg

取り付けを行っています。
その際にアッパーホースに合わせてロアホースも

012_201710171922491b3.jpg

シリコン製の物を取り寄せて

015_2017101719225379e.jpg

交換しています。
それとサーモスタットは

016_2017101719232778c.jpg

71°のローテンプサーモが入っていたので標準の82°の物に交換しています。
これで

024_20171017192329ba1.jpg

略作業は終わりましたが、

025_201710171923301bd.jpg

エアクリーナーがかなり汚れていたので、現在社外新品を取り寄せています。
Guide
 
 

ムーブ 事故修理

ムーブ 事故修理

事故で入庫した

026_20171017190951e34.jpg

ムーブですが、一見何も問題ないように見えましたが、バンパーを外してみると

028_201710171909533fa.jpg

ホースメントがかなり押されていてコンデンサーも

032_20171017190956ff1.jpg

くの字に曲がっていました。
冷却水がカラになっていたラジエーターは

031_20171017190953732.jpg

画像の箇所から漏れていました。
年式や走行距離から判断して直すかどうか悩みましたが、「車検が切れるまで乗れたら」と言っていたので

033_2017101719095634f.jpg

中古パーツを流用してとにかく走れる状態にはしました。
エアコンは

034_20171017191033ff2.jpg

ガス入れを行い現時点では効いていますが、ヒーターはコア詰まりがあり効きが非常に悪いです。
本日中に

038_20171017191035eb4.jpg

すべての作業を終えていますので、この状態で様子を見てください。
Guide
 
 

シエンタ 連絡事項

シエンタ 連絡事項

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

Matsumoto

Author:Matsumoto
SINCE 1991

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ