FC2ブログ

ソアーズ オート サービスの作業報告

Work report of SOARS AUTO SERVICE
Matsumoto

プロフィール

SINCE 1991

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.08.17.
ichiran16.png ⇒ コルベット 連絡事項 ▼ コルベット 連絡事項

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.08.17.
ichiran16.png ⇒ GT-R 作業報告 ▼ GT-R 作業報告

 

コルベット 連絡事項

コルベット 連絡事項

下回りの作業を行うために

006_20180817210548c67.jpg

リフトに上げているコルベットですが、そのついでに各部位の測定を行っています。
平行を保つためにタイヤに規定の空気圧を掛けると

018_201808172105507d0.jpg

全体的に亀裂が入ったので

029_20180817210642eee.jpg

塗装を終えていたホイールに交換しています。
まずフレームですが、前輪の後方で左側が

019_2018081721055125b.jpg

18.5mmで右側が

020_20180817210551924.jpg

16.5mmと右側が2cm程低くなっています。
フェンダーの後方下部は

021_20180817210552fcd.jpg

左側が21.7mmで右側が

022_20180817210616806.jpg

20.2mmとフレームと同じく右側が1.5mm程低くなっています。
しかし加工を施しているスポイラー下部だと左側が

024_20180817210617cef.jpg

14cmで右側が

025_20180817210619d4b.jpg

16cmと逆に右側が2cm程高くなっています。
フェンダーアーチ部分は

027_20180817210622985.jpg

左側が68.7mmで右側が

026_201808172106204ce.jpg

68mmとスポイラーとは逆に右側が7mm程低くなっています。
それとカウル自体が固定されてなく先端が

028_20180817210641d98.jpg

タンクの上に乗っかっている状態です。
次に電話にてお話していたアウターハンドルですが、

032_20180817210644fdf.jpg

金具が無くなって結束バンドで固定されていたり

034_20180817210645bb6.jpg

止め金具がなく固定が出来ない状態です。
スポンサーサイト
Guide
 
 

RX7 タイロッドエンド交換

RX7 タイロッドエンド交換

ピロボールタイプのタイロッドエンドにガタがあった

017_2018081720501120d.jpg

FC3Sですが、お盆前には

013_20180817205008ecc.jpg

純正のタイロッドエンドを取り寄せていましたので、遅くなりましたが

015_20180817205009693.jpg

本日交換を終え、アライメント調整とハンドルのセンター合わせも同時に行っています。
前回点検を行った際には問題がありませんでしたが、今回確認すると

016_20180817205011b79.jpg

左側のラックブーツが切れていましたので、次回の入庫時に修理する予定としています。
Guide
 
 

GT-R 作業報告

GT-R 作業報告

修理は終わっていませんが、お盆前に一度納車したGT-Rの現在までの作業をアップしておきます。
まずオートアンプを操作しても

002_20180817201044097.jpg

エアミックスドアアクチュエーターが反応しないので、コネクターの3、5間の電圧を測定しています。
COLDからHOTに動かしても約0.5Vのままなのでオートアンプ不良を疑い中古品を取り寄せて交換してみましたが駄目でした。
ディーラーに相談したところエアミックスドアアクチュエーターのポテンショメータ不良と言われたので、こちらも中古品を取り寄せて交換してみましたがやはり駄目でした。
なので自己診断では異常を示していませんが、オートアンプに入力されるセンサーに異常があるのかと思い

013_20180817201007395.jpg

ご自身で加工されている吸込温センサーを始めすべてのセンサーの測定を行っています。
吸込温センサーは問題なさそうでしたので加工されている物を取り外し

012_20180817201044aef.jpg

元のセンサーに繋ぎ直しています。
自己診断で表示されている数値と実温度の比較が出来ない

015_2018081720101182f.jpg

冷媒温センサーに関しては取り外すのに苦労しましたが、

016_201808172010113b4.jpg

部品代が安いので

017_20180817201017077.jpg

新品を取り寄せて交換しています。
その際に

014_20180817201010861.jpg

エバポレーターの2/3を塞いでいた動物の毛を

021_20180817201042d0c.jpg

取り除いて

020_201808172010400a9.jpg

出来る限りの清掃を行っています。
お盆前に行った作業が以上ですが、ここまで行ってもまだ直っていません。
入力センサーは水温センサーを始めすべてサービスマニュアルに書かれている数値内で、オートアンプ、エアミックスドアアクチュエーター、配線も問題ありませんでした。
これ以外に確認するところがあるのか現在調べていますので、もう暫くお待ちください。
Guide
 
 

セドリック エバポレーター確認

セドリック エバポレーター確認

エバポレーターのケースが

001_20180812174939e0f.jpg

コンプレッサーオイルで汚れていたので、エバポレーターを確認するために

009_20180812174945555.jpg

010_201808121753504ed.jpg

分解に入っています。
一部が

004_20180812174941d65.jpg

007_20180812174942fe2.jpg

割れていたので、お客様が持ち込みされたパネルに交換しておきます。
エンジンルーム側の

035_20180812175015767.jpg

配管や取り出すのに邪魔になる

001_20180812175017e39.jpg

ステーの取り外しに時間が掛かりましたが、エバポレーターの

011_201808121750203f1.jpg

取り外しは終えています。
もう少し汚れているかと思いましたが、思ったより

010_20180812175018b15.jpg

綺麗でした。
ケースからエバポレーターを取り外してみると

014_20180812175021dcd.jpg

ケースの底にオイルが溜まっていて、エバポ本体にも

015_20180812175041bff.jpg

オイルが付着していました。
ここのOリングが入手可能かお盆明けに確認しておきます。
それと電話にてお話していた

016_201808121750431a1.jpg

劣化しているスポンジですが、出来る範囲で交換しておきます。
Guide
 
 

スペーシア 車両の詳細

スペーシア 車両の詳細

オーク会場から

003_20180811193409404.jpg

スペーシアが届きましたので現状報告をしておきます。
まず外装ですが、

001_2018081119340780c.jpg

パッと見た目は綺麗ですが、やはり出品表に書かれていた傷は

002_20180811193408cb2.jpg

004_20180811193410832.jpg

画像の通りあります。
これに関しては納車までに出来る限り目立たなくしておきます。
次に内装ですが、D評価の割には

005_20180811193412a8f.jpg

009_201808111934462db.jpg

綺麗ですが、僅かにタバコの臭いがあるように感じられます。
出品表には書かれていませんでしたが、

006_20180811193441c7f.jpg

スマートキーと地デジ対応の

007_20180811193443fe0.jpg

ナビが付いています。


008_201808111934457b7.jpg

アイドリングストップも付いています。
下回りは

010_20180811193448ce3.jpg

錆もなく、気にしていたタイヤも

011_20180811193506b6c.jpg

まだ十分使えるレベルだと思います。
Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

Matsumoto

Author:Matsumoto
SINCE 1991

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ